モリタヤスノブログ3.0

福岡大学商学部 森田泰暢のブログです。のらりくらりキラリ。

【D×B:No.10】The role of ostensive and performative routine aspects in dynamic capability deployment at different organizational levels(2018)

今日はデザイン×ビジネスに関する論文アブストラクト紹介の日です。淡々と紹介します。組織等の資源を捉え直して再構成する力は組織のオペレーション能力にも関わりますね。

f:id:moritayasunoblog3:20181030124520p:plain

今日のデザイン×ビジネス関連論文


The role of ostensive and performative routine aspects in dynamic capability deployment at different organizational levels

Long Range Planning, Available online 13 April 2018
Christopher Biesenthal, Siegfried Gudergan, Véroniqu Ambrosini.

論文のアブストラク

本研究では、異なる組織レベルにおいてオペレーション能力を修正する際に、いかにダイナミックケイパビリティが働くかについて明らかにした。オペレーション能力を作るルーチンが、直示的で遂行的な側面をもつことはよく理解されているが、それはダイナミックケイパビリティにも同じことが当てはまるかは明らかではない。加えて、これら二つのルーチンの側面、一般的には異なる組織レベルにおいて、ダイナミックケイパビリティがオペレーション能力にどのように結びつくのかについての理解は限られたものである。我々の調査結果によると、直示的で遂行的であるルーチン的側面はダイナミックケイパビリティがオペレーション能力を修正する際にいかに働くについて説明している。選択された組織レベルでのダイナミックケイパビリティの展開における直示的もしくは遂行的なルーチン的側面のパターンが、同じレベルでのオペレーション能力に関連するものと一致することも明らかにした。



(以下本文引用)
This study clarifies how dynamic capabilities work in modifying operational capabilities at different organizational levels. While there is good understanding that routines that make up operational capabilities possess ostensive and performative aspects, whether the same applies to dynamic capabilities is unclear. In addition, there is only a limited understanding of how dynamic capabilities link to operational capabilities in terms of these two routine aspects, in general, and at different organizational levels, in particular. Our findings suggest that ostensive and performative routine aspects explain the way in which dynamic capabilities work in modifying operational capabilities. They also reveal that the pattern of the ostensive or performative routine aspects in dynamic capability deployment at a selected organizational level correspond with that associated with operational capabilities at the same level.


文献リンク: https://www.sciencedirect.com/science/article/abs/pii/S0024630116302321



以上です。淡々と。

明日はe-sportsの論文アブストラクトを紹介します。そのnoteはこちら。
note.mu