モリタヤスノブログ3.0

福岡大学商学部 森田泰暢のブログです。のらりくらりキラリ。

【D×B:No.6】Initial resource heterogeneity differences between family and non-family firms: Implications for resource acquisition and resource generation(2018)

今日はデザイン×ビジネスに関する論文アブストラクト紹介の日です。Xデザイン学校でのテーマでもそうですが、既存リソースを如何に活用するのかについての論文に少し焦点を絞っていきたいと思います。ここにデザインとビジネスの研究の接合点がないか淡々とアブストラクト読み重ねていきたいと思います。今回は同族企業と非同族企業との比較から。

f:id:moritayasunoblog3:20181022185559p:plain

今日のデザイン×ビジネス関連論文


Initial resource heterogeneity differences between family and non-family firms: Implications for resource acquisition and resource generation

Long Range Planning,Volume 51, Issue 5, October 2018, Pages 693-719.
Francisco Javier Forcadella, Fernando Úbedab, José Ángel Zúñiga-Vicente.

論文のアブストラク

基本的はあるが見過ごされているリソースベーストセオリーの流れは、初期の異質的な資源賦与と市場から獲得される同質的な資源との組み合わせについての分析である。これら組み合わせは、優れた競争優位、ひいてはパフォーマンスの潜在的な源泉となる異質で特筆すべき交換不可能な資源を産み出すことができる。このアイデアを実証的に操作するために、同族企業内と非同族企業内での国際化資源(特定カテゴリーの交換不可能な資源と考えられる)の開発について分析をする。非同族企業と比較して、同族企業は、特定タイプの異質的な初期の資源(すなわちファミリー性(familiness))と市場における同質的で交換可能な資源とを組み合わせることができると主張する。この問いは、1990年から2010年までのスペインの製造業の同族企業と非同族企業へのパネル調査から検証をされた。結果として、本研究はこの潮流における理論的および実証的な調査を広げ、リソースベーストセオリーに関する文献に貢献をする。



(以下本文引用)
A fundamental, but overlooked stream of resource-based theory (RBT) is the analysis of combinations of initial heterogeneous resource endowments with homogeneous resources that are acquired in the market. These combinations can generate heterogeneous, specific non-tradable resources, which are a potential source of superior competitive advantage and, hence, performance. In order to operationalize this idea empirically, we analyse the development of internationalization resources (considered a specific category of non-tradable resources) within family and non-family firms. Compared to non-family firms, we argue that family firms are able to combine a particular type of heterogeneous initial resource (i.e. familiness) with homogeneous tradable resources acquired in the market. This question is tested using a panel of family and non-family Spanish manufacturing firms for the period 1990 to 2010. As a result, this study contributes to the literature on RBT, extending previous theoretical and empirical research in this stream.


文献リンク: https://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0024630116302308?via%3Dihub#!



以上です。淡々と。

明日はe-sportsの論文アブストラクトを紹介します。そのnoteはこちら。
note.mu